所属祝い金キャンペーン実施中!≫

ブログ

AV女優と風俗嬢のちがいって?

更新日時:2018/11/09

カテゴリ:AV女優プロダクション

なんとなく似たようなイメージのある、AV女優と風俗嬢のお仕事。

どちらも男性を相手にしており、同じような内容だと思っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、AV女優と風俗嬢の違いについてまとめてみました。

AV女優とはそもそもの仕事内容が異なる

まずは、お客さんが誰なのかを確認しておきましょう。

風俗嬢のお客さんは、実際に相手をする男性。お金をいただいて、求められているサービスを行ないます。

では、AV女優のお客さんは誰でしょうか?

相手の男優…ではありません。

作品に対してお金を支払ってくれる、カメラの向こう側にいる方々です。ここに大きな違いがあります。

風俗嬢の場合、お客さんには気持ち良くなって満足してもらわなければなりません。多少の会話能力も求められるでしょう。

その一方、AV女優はたとえ男優が気持ち良くなくても、第三者から気持ちよさそうに見えれば大丈夫なのです。お客さんと直接会話することもありません。

周囲の人数が異なる

AVの撮影は、作品によって現場に最大15人ほどのスタッフがいることもあります。

風俗嬢の場合、お客さんの男性と2人きりの場合が大半でしょう。

このように、周囲にいる人数にも大きな差が。とはいえ、AV撮影現場のスタッフも、みんなそれぞれに役割があり、バタバタしている状態。

決していかがわしい目線で撮影しているわけではないので、安心してくださいね。

AVの女優は仕事の入り方にも違いが

AV女優は、まず事務所に仕事が入ってから、出勤可能なスケジュールを伝えます。

そしてマネージャーさんが日程を調整し、お仕事の日程が決まるという流れ。

「この日に働けます」と伝えても、必ず仕事があるとは限りません。

風俗嬢の場合、希望のシフトを提出すると、基本的にその日は確実に働くことができます。

性病リスクに差がある

AV女優の方が相手をする男優は、事前にしっかりと性病検査を受けています。

もちろん、陰性と分かってからでないと、仕事をすることはできません。

その一方、風俗嬢のお客さんは、ごく普通の一般人。性病検査を受けてから相手をするという訳ではありません。

この点から考えると、AV女優の方が性病にかかるリスクはかなり低いといえるでしょう。

風俗嬢と比較しても、メリットが多いAVの女優

仕事内容だけでなく、周囲の環境や性病のリスクなど、意外と多くの違いがありました。

どうしても気になる性病のリスクに関しては、AV女優の方が安心して働くことができますね。

「私にはAV女優の方が合っているかも!」と感じた方もいるのではないでしょうか。

そう思っていただけましたら、ぜひともジールグループの面接へお越しくださいm(_ _)m

ジールグループで
AV女優の募集求人を見る

カテゴリ一覧

ページトップへ戻る